▲TOPへ戻る

クリニック紹介

院長あいさつ

院長 髙田 昌幸

糖尿病の管理において、本来は3管理(食事療法・運動療法・薬物療法)が基本であるにも関わらず、実際の糖尿病診療の場では、内服薬やインスリン等を用いた薬物療法のみの実践になりがちで、なかなか食事療法や運動療法にまで手が回っていないのが実情です。
当クリニックは、糖尿病専門クリニックとして糖尿病管理の基本に立ち返り、上記の3管理を大切にするクリニックを目指しており、薬物療法の実践は勿論のこと、患者さんの食事療法や運動療法の実践への啓蒙・支援等にも積極的に取り組んでいます。
また当クリニックでは、脂質異常症や高血圧症等の生活習慣病や糖尿病のリスク因子である肥満にも積極的に対応しておりますので、これらについてもお気軽にご相談下さい。
更にこれまで川崎市立川崎病院等にて多くの患者さんのバセドウ病や橋本病等の甲状腺疾患を治療してきた経験を下に、当クリニックではこれらの甲状腺疾患の内科的治療も専門的に行っています。

院長プロフィール

院長:髙田 昌幸(タカタ マサユキ)

大阪大学医学部を卒業後、大阪大学医学部附属病院等で初期研修。
大阪大学内分泌・代謝内科学教室入局後、NTT西日本大阪病院糖尿病・内分泌内科、西宮市立中央病院糖尿病・内分泌内科副医長、住友病院内分泌・代謝内科副医長等を歴任し、2014年9月から2018年10月まで川崎市立川崎病院糖尿病内科(最終職位は医長)勤務。
退職後、2018年11月から現職。

【資格】
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医

【所属学会】
日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本皮膚科学会

【学歴】
米国コロンビア大学国際関係・行政大学院修士課程修了
大阪大学医学部医学科卒業

施設紹介

受付 【受付】

待合室 【待合室】

診察室 【診察室】

処置室 【処置室】

予診室 【予診室】

*** 【相談室】